スタッフブログ
staffblog

"R"を取り入れる。 ~by松~

photo0012.jpg
この写真は、2階吹き抜けスペース部分の壁手摺を作っているところです。
まだ、「壁」部分は下地の状態ですが、コーナー部がR(丸く)になっている
のがおわかりになるでしょうか?
普通なら、直線と直線の角にしてしまえば手間はかかりません。
ちょっとしたところのRですから、言われれば気づかないかもしれません。
で、こういう部分にRを取り入れると、雰囲気が少しやさしくなります。
完璧な造形は緊張感があってよいのですが、”家”という造形物の場合は
緊張よりも安らぎが求められます。
すべてのコーナーをRにするのも変ですが、どこか一部でも丸みがあると
なんとなくやさしい感じの空間になります。
でも、作るのは大変なんですがね....