スタッフブログ
staffblog

トイレリフォーム工事 ~by松~

「匠の日記」ファンの皆さん、こんにちは。
月曜日担当の松です。
私の仕事はどちらかといえば営業ペンよりなのですが、小さな現場管理もたまにこなします。パンチ
今担当しているトレイ・リフォーム工事が山場を越えましたのでご紹介します。
会津地方はまだまだ下水の普及率を上げなければならない土地で、
現在も公共下水道の供用地域が拡大しております。
自宅の敷地内に下水のマス(通称公共マス)が設置され、使用が開始されると
通常の場合3年以内に水回りのリフォーム工事を行って、
排水は下水道に流さなければなりません。
今回のトイレリフォーム工事も公共下水道が整備されたので、
簡易水洗のトイレから水洗トイレへのリフォーム工事です。
工事前がこのような状況。
photouk01.jpg
工事後はこのようになりました。
photouk02.jpg
単に便器を交換するだけではなく、床・壁・天井も張りなおしましたので
非常に清潔感のある、きれいなトイレとなりました。
トイレは、何もしなければ汚れていく一方です。
飲食店の良し悪しはトイレに現れるそうですが、
その家のお手入れがどの程度行き届いているかについても、
トイレに現れるといっていいかもしれません。
スペースは非常に小さいトイレですが、ここが綺麗なのとそうでないのとでは、
生活環境に雲泥の差が生まれると思うのは私だけではないと思います。
このような小さな工事もキッチリとこなすのが“ばんだい”です。