スタッフブログ
staffblog

R屋根考1

久しぶりにR屋根にトライしましたので、もう少しR屋根ネタで….
今回のR屋根は施主からの提案でもあります。
片屋根にするプランは当方で出したのですが、少しシャープすぎて一度はお蔵入りとなりました。
しかし、当社で施工した物件の中にR屋根のものが比較的あり、それらをごらんになった結果
だと思うのですが。
雪のことも考えると、北側に傾斜した片屋根タイプが良いが、少々シャープすぎて…
で、少しフォルムにやさしさを加えるために施主サイドから「R屋根を取り入れてみたい」との
提案があり、今回のプランが完成しました。
私の営業スタイルの一つが、「施主の頭の中にある、言葉に出来ないイメージを掘り起こす」という
ものがあります。住宅業界に長くいると、どいしても、「押し付けの営業」となってしまう場合が
多々あります。時として住宅屋側からの提案がバッチリはまったりするのですが、
「施主ご家族にとっての理想の家は、多分、施主ご家族のそれぞれの頭の中にあるのではないか?」
と常々思っています。
そんななかで、施主サイドからそういう提案があったことは、私の意図するところでもあり、
よい形でプランがまとまったと思っています。
ただし、図面上でR屋根を描くことは比較的簡単なのですが、作るとなると….コストの問題などが
付きまといます。
コストUPせずに、切れにR屋根を実現するためにはどうすればよいか….
実は、しばらく悩んでいました。
過去にもR屋根にトライしているので、技術的な問題はない。
問題はコスト…..
それをどう解決してR屋根を実現したかは、次回公開します。