スタッフブログ
staffblog

生きてた証

モデルハウスの床
CIMG2258.JPG
会津杉の無垢板です
表面を圧縮しただけ
そのまんまの木です
塗装も何もしてません
杉からでてくる天然油で
表面に光沢がでています
そのまんまの木って
 
やっぱりいいです
あったかい
ひやっとしない
足がいたくならない
冬でもうつぶせしたくなる
木は切られても
水分を
吸ったり
吐いたり
まるで呼吸してるみたい
調湿効果ってやつです
CIMG2260.JPG CIMG2268.JPG
くろっぽい点々
これは節っていいます
枝がはえていた跡
節は『生節』、『死節』2種類あります
枝が生きているうちに枝打ちしたのを、『生節』 赤ぽい色です
枝が枯れていない状態で、木材の中に包み込まれたコンセキです
逆に枝が枯れてから枝打ちしたのを、『死節』 黒ぽい色です
枝が枯れた状態で、木材の中に包み込まれたコンセキです
節のない木材はないです
もちろん無節材といって
加工によっては節のない材料もとれます
けど高い
ただ値段どうこうより
やっぱり節がある方が僕は好きです
枝をいっぱい伸ばして
葉をいっぱい生やして
太陽をいっぱいあびて
晴れの日も
雨の日も
嵐の日も
その季節きせつに耐えてきた木
生きてきた木
節の見える木材には『生』を感じます
節は必死に生きていたコンセキ
そんな木に感謝しながら
気持ちのいい家をつっくていきたいです (^-^)